前へ
次へ

単位制高校ならではの風景として先輩後輩との授業

学校においては年齢などにより学年が決められます。
学年によって先輩、同級生、後輩などができます。
通常は同級生のみと授業を受けます。
全日制の学年制の高校になると落第があるので、時には後輩の学年で勉強をしないといけないときもあります。
大学は先輩や後輩と授業を受けるのは日常茶飯事です。
全日制高校の学年制に通っていれば、通常は先輩や後輩と一緒に授業を受けることはありません。
でも単位制となるとそれが起きます。
単位制は生徒が自由に授業を選択できるので、ある科目を受けたいといろいろな生徒が申し込むときがあります。
特に年齢などの制限はないでしょうから、先輩も後輩もいる教室で受ける時があります。
高校で年上の人、年下の人との授業を受けるのは少し違和感を感じるかもしれません。
でも大学に行けばそれはごく当たり前のことになります。
大学の雰囲気を先取りした気分で授業を受けるといいかもしれません。
取得している単位が互いに異なると、議論などをしても楽しい時があります。

Page Top