前へ
次へ

教育ローンで学費を支払う場合には

特定の専門学校や大学の学費を、教育ローンで支払うつもりでいるなら、どこからお金を借りるべきなのかを考えることが大事だといえます。
国から借りるなら、日本政策金融公庫を利用するのが妥当です。
日本政策金融高校から教育ローンを組ませてもらう場合は、固定金利となっているので、リスクが少なくて済むでしょう。
借入限度額に関しては、基本的に銀行に比べると少なめですが、それでも十分なお金を借りることができます。
もし足りないと感じた場合は、他の金融機関から調達したり、それこそ銀行利用したりするのがお勧めです。
銀行の場合は最初の審査が厳しいですが、確かに借入限度額が高額に設定されているので、利便性は高いでしょう。
銀行によって金利手数料が異なるので、極力お得な形で教育ローンを組ませてくれるような銀行を探すことが大事だといえます。
奨学金制度を利用するよりは、子供の負担を減らすことができるので、子供の将来を考えると、できるだけ親が支払ってあげるべきです。

Page Top